子育て日記〜絵本のこと〜

  毎日寝る前には絵本を読むことにしています。

私自身大の絵本好き。自宅の絵本は既に500冊を越えています。

絵本管理も大変になってきました・・・。自宅では小さなカードにタイトルと出版社、作者等を記入して

管理しています。この頃は自分の所蔵絵本の中から子どもの年齢等に合わせてどの絵本をおろして

あげようかと選ぶのが楽しみになっています。実際に読む絵本は娘が自分で選びますが、子供用に

作った絵本の棚の中には私がこの時期に見せたいと思う絵本が並んでいます。

私が幼い頃家の親は当時月収の半分くらいはする絵本のセットを私に与えてくれました。そのおかげ

で私は幼い頃から絵本に親しむことができました。本好きになることができて、大きくなってから感じた

ことは、国語が好きになったこと。読む力がいつの間にかついていたことをとても感じます。両親には

とても感謝しています。なので、自分の子どもたちにも美しい言葉がたくさん詰まった良い絵本を身近

に触れることのできる環境を整えてあげたいと考えています。

絵本始めにお勧めの本たち

おつきさまこんばんは

かお かお どんなかお

くだもの

     
  私が絵本を選ぶときの基準と言うか、この絵本は手元においておきたいと言う絵本は自分の幼い頃の

絵本の記憶が元になっています。幼い頃読んで好きだった絵本、なんだか気になっていた絵本、あまり

好きではなかったはずなのに親に聞くといつも持っていたよと言われる絵本などなど・・・なもので、新作

開拓はなかなか難しいです。新作を手にするときは惹かれたタイトルの絵本を見てみることにしています。

後は中を見て、読んで、「好き、嫌い」の直感です。やはり、自分が好きだと感じる絵本は子どもに読んで

いても楽しいのです。その気持ちは子どもにも伝わります。好きなものを一緒に感じることのできる時間。

絵本の時間は大切なひと時です。

幼い頃のお気に入り

サラダでげんき

どろんこハリー

     
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO